おばちゃんのつれづれ 主にマンガとweb

おばちゃんがライフハックや日常を書きます

あきらめないマンガ家 松尾しより の軌跡を振り返る

松尾しより氏は、あきらめない少女マンガ家である。

彼女の描きたいことに対する熱意は時々ちょっとズレる。「たぶんこういうことを言いたいのだろうけどその表現はアカンで・・・」と批判される。だが彼女はあきらめない。画力もありストーリーを作る力もあるので、普通に恋愛の少女マンガを描いていればそれなりに安定すると思われるのに、彼女は描きたいものをあきらめず学習して進化していく。

まぁ要するにハラハラどきどきして目が離せない人である。

 

松尾しよりの歩み

 私の把握しているものだけなので、欠けがあったり順番が間違っているかもしれません。

戦争について書いてみた第一弾

空と海のあいだ 上

空と海のあいだ 上

 

 私が知る中では『空と海のあいだ』が松尾しよりが戦争について扱った一番古い作品かな。

太平洋戦争の時代に信州の蔵元に嫁いだ美津子の話です。

歴史についてよく知らない少女にとっての入門としてはいいですが、全体的に少女マンガ感あふれるラブロマンスと、ところどころ史実と食い違うご都合主義と理想主義なので歴史好きとしては少し疑問が残ります。

 まぁ少女マンガならこんなもんか、というような。

ただ少女にも受け入れやすい美しい物語として戦争の悲惨さや歴史を描いたことには価値がありそうです。それと久しぶりに一巻を読み返してみたらだいぶ絵柄が違っていて驚きました。巻を重ねると絵柄が変わる謎現象はなぜおこるのでしょう…

 

少し戦争について調べてみた第二弾

 少女マンガとしては成功した前作ですが、歴史ものとしてはまぁまぁ、という評価だった前作を受けての第二弾。

咲けや この花 1

咲けや この花 1

 

 『咲けやこの花』ではわりと歴史をしっかり描写しています。もちろん本格的な調査なんかとは違う部分もあるのでしょうがマンガとして読む分にはそんなに気にならない程度でした。母子三代の生き方を通じて戦争を描くというのも感情移入しやすいですね。自分のお母さんやおばあさんといった身近な人の体験を描くことで他人事ではないリアルさを感じられました。

なんですが、このお話、歴史を前面に押し出しすぎたためか少女マンガ成分がちょっと足りない…

主人公の女性はアラサーまで彼氏ができたことがないキャリアウーマンなのに結婚して男に養われることが前提だったり。昔ならともかく現代でそれはちょっと現実味が無いですね。もう少し人生設計をしっかりしたほうがいいと思う。

それからモブがすごい意地悪。主人公たちはとてもいい人たちで大変な状況や悲しみの中健気に前向きに生きているのですが、周りの人達がすごく意地悪で読んでてツラい。

 

時代を変えてみた第三弾

これまで太平洋戦争や第二次世界大戦をテーマに書かれていましたが、次は幕末です。

会津藩の女性、新島八重さんのお話です。 

 

清らにたかく 1

清らにたかく 1

 

 こちらはとても楽しんで読めました。

女相撲取りなどと呼ばれていた八重さんが会津と日本のために戦う話。やはり歴史的にみると突っ込みどころはあるのですが幕末というあまりリアルに感じられない昔の時代なのでまぁいいか、と読めます。トンデモ藩主水戸黄門にツッコミを入れないような心理と同じですね。

がんばれ八重さん。すごいぞ八重さん。

 

ですがやはり松尾しより節は健在で、怒りに任せて人を殺してしまってその罪を一生背負っていくという戦争の業についてなど端々に考えさせられるテーマが伺えます。そういった敬遠されがちなテーマを少女マンガという形に昇華できるのはすごいことだと思います。

 

もいちどチャレンジ第四弾

 

君がくれた太陽 上巻

君がくれた太陽 上巻

 

 今度は原爆と広島のお話でした。

家族の絆がテーマかなと思います。戦争というとても重いテーマを通じて普遍的な人間愛を描いています。極限状態でお互いを思いあう選択をするのが胸をしめつけられます。

 

 

まとめ

松尾しよりさんは少女マンガ成分と史実成分と戦争成分という相容れないもののバランスを追求し続けているのだと思います。

松尾しよりさんの今後のご活躍を期待しています。

 

 

 

マンガ『妖怪アパートの幽雅な日常』がクズすぎて怒りがこみ上げてきた話

今回はとても辛口レビューです。好きでない作品は見なければいいし、レビューなんてしなければいい。ですがこの話はあまりにひどいので書きます。

 

妖怪アパートの幽雅な日常』は高校生の稲葉夕士(いなば・ゆうし)が格安アパートを借りたら実は幽霊屋敷で、幽霊たちと交流していくという話です。主人公が個性豊かな幽霊や人間たちが起こすイベントに巻き込まれたり時には事件を解決したりしていきます。小説の漫画化です。原作小説では様々な事情で幽霊になった人のそれぞれの事情をおおらかに受け入れ共存してゆくというテーマだったように思います。原作は深山和香氏、マンガ化は香月日輪氏が担当しています。

それがマンガ化にあたり残酷で幼稚な正義感に塗りつぶされてしまったことをとても残念に思います。

 

妖怪アパートの幽雅な日常 1巻

妖怪アパートの幽雅な日常 1巻

 

虐待する親は鬼畜である、ということ

妖怪アパートの幽雅な日常』では毎回いろいろな幽霊が出てきます。その中の一人、子供の幽霊であるクリは生前母親に虐待され死に至りました。死んでからもクリには母親の妄執が絡み付いていて、それを解かない限り成仏できません。クリは悲劇的な過去を持った子供ですが本人は幽霊アパートで皆にかわいがられながらそれなりに楽しく暮らしています。

f:id:obatyan1:20170802194134j:plain

ですが、クリの母親の幽霊はクリへの執着を捨てきれず、クリを取り戻そうとアパートに襲ってきます。アパートの住民達はただアパートに結界をはりクリを守ることしかできません。悪霊となってしまったクリの母親を救うことはできないからです。

 

アパートの住民は結界に阻まれ焼かれ苦痛にうめきながらもクリを探し続ける母親の姿を眺めながら、酒盛りを始めます。

 

苦しんでいる人を嘲笑う、ということ

子を求める母親の怨念を見ながら酒盛りをする、そのこと自体は表現として深いものであると思うのです。

まだ生きている人間であれば福祉の手を伸ばすことも出来ます。虐待するほど追い詰められてしまったとしても、周囲の手助けによって状況が変わればもう一度再出発できるかもしれない。でもクリの母親は幽霊になってしまっていて、もうやり直すことはできない。全知全能の神様でもなければ彼女を救うことはできない。そんなどうしようもない状況を前に我々人間は自分の無力さを痛感します。

そこで亡霊を憐れむのでもなく己の無力さと世界の残酷さをただ笑い飛ばす、それは無力な人間が世界に対する唯一の抵抗でしょう。

 

小説版ではそういったやるせなさをとても上手く表現していたと思います。

ですが、マンガ版では細かな情緒が省略され偽善が前面に押し出されてあたかもそれが正義であるかのように扱われています。

 

f:id:obatyan1:20170802192001j:plain

あてもなくあがき苦しむがお前の罰、神にでもなったつもりでしょうか。

自分が子供を守れなかった罪悪感を他者に転嫁しているだけ。おまえだけが救われるのは許せない、という心理を自覚してすらいない。

 

まるで虐待する親は生まれつき悪人だとでもいいたげな数々の表現。

自分は絶対に虐待しない善人であるという傲慢さ。

 

子供を愛していなければ道端に捨てて終わりです。

虐待は愛が極限まで捩れてしまった末に起こります。愛しているからこそ執着するのです。未熟で身勝手で残酷な形であっても、そこにかつて愛が確かにあったからこそ死んで身を焼かれてまで子供に執着するのです。

虐待の悲劇は、親が悪人だったことではありません。

親が善良で、だけどその善良さを発揮できる環境が整わなかったことが悲劇です。亡霊になってしまった彼女を救うのは断罪ではなく、子供を殴らなければいけないほど追い詰められる極限状態を変える手助けです。

 

 

 

 

f:id:obatyan1:20170802191910j:plain


オレは絶対許さない、ていったい何様のつもりでしょうかね。

自分は絶対に子供を虐待しない成人君主気取りでしょうか。

 

人は状況さえ整えば誰でも必ず悪人になります。

極限まで飢えても絶対に他人の食べ物を奪わないと誓える人はいるでしょうか?

自分は絶対に悪人にならないなどと無邪気に信じている人はただこれまでの人生が恵まれていただけです。そして悪人になることを恐れるからこそ、悪人を断罪したがります。ですがどれだけ断罪しても犯罪は無くなりません。犯罪を犯さざるを得ない極限状態を変えなければ人はいつだって犯罪者になります。

 

主人公たちはまるでよいことをしたかのように自分に酔いながら他人を追い詰め踏みにじりそれを嘲笑っている。自分が善であるという思い込みの下行われる暴力ほど恐ろしいものはありません。

きっと自分が踏みにじってきた人の置かれた境遇や、自分が悪の側に落ちることなど考えもしないのでしょうね。

なんて幸せな人達でしょうか。

その幼稚な正義の下でどれほどの人達が犠牲にしてきたのでしょうか。

 

 

 

小さい頃に両親をなくした主人公や、自分の子供を死なせてしまった犬神が、自分の不幸を他人に転嫁してしまうのはそれはそれで仕方がないです。自分の傷を直視するのはとてもつらいことで、大きな傷を得て間もない彼らがそれができなくても不思議ではない。

ですが、幽霊アパートには多種多様な人生経験を積んだ幽霊や人間が沢山いて、中には普通では考えられないようなことを経験した幽霊たちもいます。そんな場所でなぜこんな偽善を何のフォローもなしに放置しているのでしょうか。

 

表現は自由である

 

何度も言いますが、虐待は過酷な環境が引き起こします。過酷な環境下であれば誰だって虐待に走ります。虐待をした親は罪をつぐなうべきですが、それと同時に救済されなければ何も変わりません。

 

表現は自由です。このような有害な思想を描くことも消費することも自由です。ですがそれを現実に持ちこんではいけません。ファンタジーと現実は区別する必要があります。ですので、これがレーティング表記のされた作品であれば私は文句を言いません。不快ではありますが、それは私が見なければ済むからです。

 

このような話がまるでハートフルストーリーのような扱いで流通してしまうことで「虐待する母親は断罪していい」というのが常識になってしまうことを私は危惧しています。

 

 

光永康則『アヴァルト』をオススメできない理由(><)

光永康則作『アヴァルト』はSFのようなファンタジーのような深みのある世界観とそこはかとなく漂うダークっぽさやホラーっぽさが楽しい。似たような設定の話はよくあるけれど、『アヴァルト』は独特の発想がすごくてほんとにおもしろい。

個人的に続きが気になるマンガなので友人知人にオススメしてこのワクワクを共有したいのだけど、気軽にオススメできなくて悶々としている。

 

大雑把なあらすじ

宇宙船の乗組員だった主人公がコールドスリープから目覚めると、乗組員たちが消えていた。そしてどうやら主人公は一万年ほど眠っていたらしく、地球の文明は全て滅びていた!どうするどうなる主人公!

 

以上、おばちゃんによる大雑把なあらすじでした。

しょっぱなから宇宙船、コールドスリープ、消えた仲間、文明が滅びた地球、などSF好きにはたまらない単語が並ぶ。そして文明が滅び中世のような原始的な生活をしているはずの地球にも謎が多い。

 

 

 

個人的にすごく気になるのがこちら。

f:id:obatyan1:20170731123419j:plain

建物や道具、服に至るまで全てに継ぎ目がない。

つまり、この世界の建物は誰かが石を積み上げて作ったのではなくてもっと不自然に、強大な3Dプリンターで出力したような作り方をされている。つまり、一見文明が後退した原始的な世界なのに実は誰かが超科学な力を使っている。

 

『アヴァルト』のおもしろいところは「文明が後退したはずなのに強大な科学力がそこかしこに存在する不思議な世界」が「どこか別の惑星」だとか「想像上のファンタジックな国」だとかではなくて「一万年後のリアルな地球」なところだと思う。今私が存在している地球と同じ場所が一万年後にはそんなに不思議で不気味なことになってしまうのか…!という、現実と地続き感がたまらない。

 

一体誰が何のためにこの世界を作ったのか?そしてはびこるモンスターの正体は?主人公を襲う謎の巨人の目的は?

謎は尽きない。続きが気になる。

 

 

なんだけど!

なんだけど!!

 

この話すっごいグロいの!

主人公の子供を守る行きずりの剣士とか、病弱な母親とか、見方になってくれそうな頼もしいオッサン武将とか、すぐ死んじゃうの!

f:id:obatyan1:20170731124313j:plain

強大な敵に立ち向かう孤立無援の主人公にやっと仲間ができた!と思うと次のページで死んじゃう。そして死んだことをたいして悲しまない。メンタルえぐる。

 

そして明言されてない微妙なグロさもある。

主人公が目覚めた宇宙船では、主人公以外の乗務員は忽然と姿を消している。そして宇宙船の貯蔵庫にある謎の食料。何の肉でしょうかね…

その他、敵だと思っていたモンスターが実は…というお約束ホラー展開もある。

 

 

すごいおもしろいのに。とっても続きが気になるのに、夜中に一人で読めない…

ホラー耐性のある人なら楽しめると思います。

 

 

 

 この作者さんは『アヴァルト』以外にもいろいろ書いてるみたいです。

『アヴァルト』は本格謎解きも有りつつファンタジーとSFを融合させたような世界観かつホラーっぽい展開もありつつと様々な要素を盛り込みながらも続きがとても気になる展開ですが、過去作品もお色気系から謎解き系まで幅広い作風ですね。

 

 

 

 

 

 

西炯子『恋と軍艦』を腐女子が読むとこうなる。

田舎町の中学生のあまずっぱい恋模様を描いた、西炯子恋と軍艦

 

 

f:id:obatyan1:20170504224113j:plain

掲載誌が『なかよし』だけあってふわふわしたファンタジックな感じで、おばちゃんが恋愛物として読むには物足りない。

 

 

 

 

だが!この話は『女子中学生がオトナなオジサマに恋☆する話』ではなくて『オジサン同士がいちゃこらするのを遠目に眺める話』なのだ!

f:id:obatyan1:20170504230032j:plain

うわぁぁぁおじさーん!

と思いきや。

f:id:obatyan1:20170504230037j:plain

くっつきそうでくっつかないぃぃぃぃ

 

この話はレビューも面白くて、普通の少女マンガとして読んだ人とおじさんに注目した人で全然違う話に見えてるんだなというのがよくわかる。

 

 

 

出会ってすぐベットインするがっつりBLが主流を占める中、ほんわり覗き見系という希少なジャンルである。主人公の無邪気な女子中学生目線で話が進むためひたすら健全に楽しめるところも良い。関係ないけどNLやGLでは日常系がジャンルとして確立しているのにBLではいまいち少数派なのはなぜだろう。日常覗き見系BLはよしながふみの『きのう何食べた?』くらいしか思い浮かばない。

 きのう何食べた?は7巻以降がおすすめ。1巻はまだ空想の中のホモセクシャルって感じなんだけど巻を負うごとにおじさん二人のほのぼの日常になる。かわいいよおじさん。

 

 

 

 

草野誼『かんかん橋をわたって』を嫁姑問題や毒親に悩んでいる人にぜひ読んでもらいたい。

『かんかん橋をわたって』は良くある普通の嫁姑バトルだと思っていた時代が私にもありました。

でもこの話、毒親(あるいは意地悪姑、暴力夫など)がいかにターゲットを追い詰めるかを克明に書いた話だった。サイコパスとかボーダーパーソナリティとかそういう類の人種のターゲットになってしまった人はこれを読むと彼らがどのような手管で善良で全うな人を崩壊させるかが客観視できると思う。でもすごいえぐいので気持ちに余裕があるときに読んでください。

 

f:id:obatyan1:20170504213816j:plain

ちなみに草野誼というのは くさのよしみ と読むらしいです。

『かんかん橋をわたって』は一見優しそうな義母が実は嫁いびりしまくっているという展開です。

f:id:obatyan1:20170504214009j:plain

夕方嫁が予約設定しておいた炊飯器に深夜こっそり雑巾をひたすという狂気を感じる嫁イビリ。イビリていうかなんかもうわけがわかんなすぎてコワい。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

鬼義母は、ただ嫁をいじめるだけではない。殴る蹴るや暴言のような分かりやすいいじめはしない。表面上は優しい姑を完璧に演じつつ容赦なく精神を削ってくる。

嫁の携帯電話を隠して実父の死に目に間に合わなくさせるというほんとに人としてやっちゃ駄目ないじめをやるくせに、それを嫁以外の人には気づかせない。だから嫁は悲しいとか悔しいとか誰にも言えなくなる。外見上はあくまで優しい姑に悪口を言ったら嫁のほうが頭がおかしいことにされてしまう。

わかる。こういうダブルバインドに捕らわれてめちゃくちゃ苦しんでる人いっぱいいる。暴力男や毒親って外面はやたらいいんですよ。だからこそ「あの優しい人が暴力なんて振るうわけがない」って言われて危険を冒して告発した被害者のほうが悪者扱いされる。

 

このほかにも大切なものを壊されたり、万引きの冤罪をきせられたり、それでも誰にも相談できずにごりごりとSAN値を削られてみごとボーダーのターゲットがいっちょあがり。

f:id:obatyan1:20170504215925j:plain

 

彼らの手口がほんとすごく克明に描かれているので気持ちにたっぷり余裕があるときに読んでみると客観視できるかもしれません。余裕がないときには読まないほうがいいです。

f:id:obatyan1:20170504220829j:plain

わかるーー。

ほんとこういうことするよね。でもこれって傍から見れば「里帰りする嫁に手土産を持たせるよい姑」になっちゃう。だから「そんな意地悪くそくらえ!」なんて言ったら『よい姑にいきなり暴言を吐く気の狂った嫁』ってことになってしまう。そうやってキチガイ認定されて薬漬けにされる人けっこういる。現代精神医療の闇。

 

あとすごく気になるのは、この話に出てくる多種多様な鬼姑の少なくとも何人かはおそらく福祉の手が必要な人達だろうなということ。家族の不始末は家族だけで解決し他人の支援を受けるのは恥という田舎くさい因習はとても危険だ。

もしも現実に鬼嫁に苦しんでいるならカウンセラーでも行政でも近所の人でもなんでもいいからとにかく沢山の人に相談してください。ほんとお願いします。

 

ちなみにこの話、5巻以降超トンデモ展開になる。

f:id:obatyan1:20170504223147j:plain

ご新造さまというラスボスが登場して経済封鎖された村を救うのだ!

俺達の努力と友情パワーがあれば悪を倒せる!

という週刊少年ジャンプのようなノリに。

 

姑どこいったよ…

 

 

 

 

 

初心者がコピペだけでレスポンシブなスマホ対応HPを作るテンプレート配布中

これだけスマホが普及してモバイルファーストが言われても、初心者でも簡単にレスポンシブでスマホ対応なHPを作れるテンプレートというのは案外ないものです。

ぬるっと動くアニメーションとかにゅっと出てくるハンバーガーメニューとかぴかぴか光るメニューボタンとか、そういう派手なエフェクトばかり注目されてとても難しいっぽい雰囲気になっているレスポンシブデザインですが、余計なことをやらなければとても簡単です。

 

 

スマホサイト作成が簡単な理由

スマホでもみやすいサイト、というのは

  • スマホの小さい画面で見やすく
  • 通信状態が悪くてもさくさく動く

というのが条件です。つまりあまり高度な技術を使うと逆にスマホで使いにくくなります。なので一昔前のハイスペックPCと安定した有線回旋を前提としたリッチなサイトよりずっとシンプルな構造になっています。HP作成も初心者に優しい時代になりました。

ということで、こんな超絶シンプルなテンプレートを作りました!

f:id:obatyan1:20170503002345j:plain

こちらで見ることができます。

レスポンシブHPのサンプル

 

ダウンロードはこちら

 

構造はこんな感じ。

 

f:id:obatyan1:20170503002526p:plain

メニューは常にトップに固定される以外は、なーんにもやってません。

css一枚とhtml一枚の極限までシンプルを極めた構成のため、にゅるにゅるとトップに戻るボタンやら、にゅっと出てくるハンバーガーメニューやらはありません。その代わり、メニューを変えるときもメニューバーの一箇所を変えるだけですみますし、デザインを変えるときもcss一枚変えるだけ。

ダウンロードはこちら

zipなので解凍してあとは好きに改変してください。クレジット表示不要、商用利用可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美女と野獣の英語テーマソングをそれぽく発音するTips

エマワトソン主演でリメイク映画化された美女と野獣の有名テーマソングをそれっぽく歌おうという小ねたです。

美女と野獣のテーマソング「Beauty and the beast」。ちゃーんちゃちゃちゃちゃーん、と、とても印象的なメロディをさらっと口ずさめたら素敵ですね。

実は歌詞は古風でちょっと難しい感じ。

Tale as old as time,

Song as old as rhyme

Beauty and the beast

 これは一番最後の盛り上がる部分です。

こちらのオフィシャル動画では3分ごろの部分。

youtu.be

 

使われている単語自体はそんなに難しくないのですが、日本語に訳そうとすると謎が多いです。

まず一行目の

Tale as old as time,

 からしてよくわからない。

tale=お話 time=時間 そしてas old asは「同じくらい古い」という意味なのでこの文章は

時間と同じくらい古い話

 となります。時間と話が同じ??不思議な言い回しですね。

Song as old as rhyme

 二行目はもっと不思議です。

韻と同じくらい古い歌

 わけがかりません。

最後はわかりやすそうで実は一番謎が深いです。

Beauty and the beaust

これは日本では「美女と野獣」と訳されますが美女というのが名詞であれば冠詞のtheがつくはず。この場合、冠詞がつかないbeautyなので美女という人物ではなくてもっと抽象的な美しさとか美の化身とかそういう雰囲気になります。ですので直訳すると「美しさという概念と野獣」ですね。なんで概念出てきた。エマワトソン演じる主人公のベル*1どこ行った。

 

などと謎と突っ込みどころの多いBeauty and the beaustの英語版歌詞ですが実はこれ、語呂合わせのように語感優先で作られた文章になっています。

 

たとえば 美女=beauty と 野獣=beaust という単語を考えてみましょう。

カタカナで書くと ビューティ ビースト で全然似ていない感じですが、英語のスペルを見ると

beauty  beaust

すごく似てる!

雰囲気としては

ゴ(林檎) シ(臨死)

くらいの似てるレベルです。全然意味が違うけど超似てる。

 

「eau」は「ぇぁぅ」と読みます。

美女=beauty ビ・ぇぁぅ・ティ 

野獣=beaust ビ・ぇぁぅ・スト 

 

ここを押さえると一気にそれっぽい発音になります。

 

あとはリエゾンですね。

Tale as old as time,

 これを

テイル・アズ・オールド・アズ・タイム

と読むと5拍ですが、実際は3拍で歌います。のこりの2拍はどこに行くかというと、前後の単語にくっついてしまいます。

『Tale+as』『 old+as』 『time』

テイル+ア オード+ア タイム

つまり

テイズ オーズ タイム

 という発音になります。美女と野獣のテーマソングではリエゾンを多用しているのでくっつく単語を意識するととてもそれっぽくなります。

 

よっしゃこれで美女と野獣のサビ部分を英語でかっこよく歌えるようになりました!

 

*1:ベルというのはbeautyのフランス読みなのでそもそもこの話の主人公自体が概念上の存在であり、ベルという存在は「野獣が己の美しさに気づく過程」を擬人化したものである、と読むこともできます。