読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばちゃんのマンガレビュー 

おばちゃんがライフハックや日常を書きます

もし一冊だけ百合漫画をオススメするなら絶対これ! 西UKO作『となりのロボット』

マンガ紹介

百合の名作漫画は数あれど、もし私が一冊だけ選ぶとしたら、 西UKO作『となりのロボット』を全力で推す。

 

となりのロボット

となりのロボット

 

おおまかなあらすじ

人間の女の子「チカ」と、アンドロイドの「ヒロ」のほんわかガールズラブ

f:id:obatyan1:20170104225614j:plain   f:id:obatyan1:20170104225619j:plain

ヒロは見た目は人間と全く区別がつかない高性能のアンドロイド、というSF設定だが、だがアンドロイドの設定もしっかり考えられているので違和感無く世界観を楽しめる。

 おすすめの理由

アンドロイドのヒロの考え方や話し方はとってもAIっぽい。ペッパー君と会話しているようなぎこちなさだ。読み始めてしばらくは「こんなにロボットっぽいヒロちゃんを好きになるなんて不自然じゃないか?」と思った。

f:id:obatyan1:20170104225946j:plain

だけどヒロちゃんはロボットのロジックの中でチカちゃんをとても大切に思っている。

f:id:obatyan1:20170104230503j:plain

キスとは何か、どの部位が何秒接触すればキスなのか、「愛しているからキスをする」という理論が正しいなら「キスをされたら愛されている」は正しいのか、ロボットのヒロちゃんは考え続ける。

f:id:obatyan1:20170104230643j:plain

ミリセック=1000分の1秒。ヒロはそんな一瞬のできごとを全力で考え続ける。

 

18禁エロスな展開はないけど、うっすらベットシーンっぽい場面がある。

f:id:obatyan1:20170209223308j:plain

ふぉおおお、きたーー///

と思いきや。

 

ロボットのヒロはこんなテンション↓

f:id:obatyan1:20170209223320j:plain

f:id:obatyan1:20170209223443j:plain

ロボットのヒロにとって、「好きな人を触る」という行動は「自分の指先をデバイスに軌跡データをとって開発ツールのモデリング機能に落とし込む」という行動として認識される。

 

やっぱり所詮ロボットはロボットだから人間みたいに愛とか恋なんて分からないのだ、と思ってしまいそうなシーンだが、これはヒロちゃんの最大限の愛の形なのだ。

 

ヒロはここで「想定外の状況で権限を越えた行動を起こす」という自己学習を始める。教えられたことだけを繰り返す機械ではなく、相手と自分にとって最適な行動を模索する、その過程は人間同士の関係と変わりない。いや、人間よりよほど誠実で真摯に相手に向き合っている。

 

 

ヒロちゃんにとっての「好き」は人間の「好き」とは違うのかもしれない。だけどヒロはヒロにとって最も価値のあるものをチカに捧げ、同時にチカにとって価値のあるものとは何かを考え続ける。

 

最後のネタバレはしないでおくけど、泣きました。

といっても悲恋エンドではないのでご安心を。チカとヒロ以外の登場人物も丁寧に描かれていて、誰もが幸せになれる結末です。幸せすぎておばちゃん涙出てきたよ。

 

となりのロボット

となりのロボット

 

 

 

 

 

レビュー:『よしふみとからあげ』が超笑かしてくれた

マンガ紹介

関口かんこ著『よしふみとからあげ』

よしふみとからあげ 1巻

よしふみとからあげ 1巻

 

「からあげ」とは、よしふみの飼っているウーパールーパーの名前である。

↓こいつ。

f:id:obatyan1:20170104222521j:plain

ちなみに本物のウーパールーパーはこちら

f:id:obatyan1:20170104222755j:plain

ウーパールーパーラボ http://ulabo.com

似てねぇww

ウーパールーパーは写真で見てもかわいいけど実物はもっとかわいいんですよ。人間に慣れている奴だとこっちに泳いできてくれるし、わちゃわちゃ動いているところもとってもかわいい。

なのに、なぜ関口かんこの手にかかると、かわいいはずのウーパールーパーがこんなに面白くなってしまうのだろう。おかしいな、3本のエラや薄ら笑いの表情や4本指の手などの特徴はしっかり捉えているのになぜこうなった・・・

f:id:obatyan1:20170104223401j:plain

 

こんな憎いあんちくしょうなウーパールーパーの「からあげ」。『よしふみとからあげ』は「からあげ」が飼い主である「よしふみ」と会話したり、押し売りを撃退したり、ミニカーに乗って暴走族になったり、ポップコーン食べたり、よしふみの恋を応援したりする日常漫画だ。

f:id:obatyan1:20170104224300j:plain

 

かわいくないけど、いいやつ。

からあげはかわいくない。(ほめてる)

f:id:obatyan1:20170104224026j:plain

すげーかわいくない!(超ほめてる)

 

そんなからあげは実は結構いい奴で、よしふみが風邪を引いたら看病するしよしふみが振られたら新しい恋人を見つけようとする。そんな健気ないいやつなのに、かわいくないという新しい境地。

 

よしふみとからあげ 1巻

よしふみとからあげ 1巻

 

くすっと笑う、というよりは腹をかかえて笑いたいときに読み返す漫画だ。

現在4巻まで出ているが短編集なので気楽に読める。

 

『惚れない花嫁』が思った以上に笑かしてくれた

マンガ紹介

冴えない女子とハイスペックイケメンがくっつく、というテンプレをひたすら踏襲する短編集『惚れない花嫁』が予想以上におもしろかった。 

惚れない花嫁

惚れない花嫁

 

 短編集なのでいくつか話があるが、個人的に一番ツボだったのがこちら。

女子と見れば無差別にイケメンオーラを振りまく井伏君。

f:id:obatyan1:20170103225334j:plain

わけ隔てなく優しいため彼女に嫉妬されてしまい長続きしないという、うらやましすぎるイケメンである。女であれば誰にでも優しい男なんて、そんなの下心満載に決まってる、と疑っていた主人公だが、実は井伏君は心底やさしい奴だったのだ!

f:id:obatyan1:20170103225720j:plain

なんという残念なイケメン。

 

『惚れない花嫁』シリーズでは、優しくて誠実で主人公のことを心底愛しているというともすれば現実味のなくなってしまうような理想のイケメンがひしめいている。

だがどのイケメンもどこかしら残念な感じなのだ。

 

仕事も家事も完璧なのに、モフモフが好きとか。

f:id:obatyan1:20170103230125j:plain

埋まっちゃったよ…

f:id:obatyan1:20170103230130j:plain

 

 残念男子に容赦なくツッコミつつもほだされてゆく主人公たち。うらやましいような、うらやましくないような(笑)

 

惚れない花嫁

惚れない花嫁

 

 

『惚れない花嫁』以外にもいくつか短編集があるが、どれもおもしろかった。

タイトルが違うが『惚れない花嫁』が一巻という扱いらしいので、『惚れない花嫁』→『イケない花嫁』→『抱けない花嫁』と読んだほうが分かりやすい。絵は『抱けない花嫁』が一番クセが無くて読みやすかった。

 

 

惚れない花嫁

惚れない花嫁

 

 

イケない花嫁

イケない花嫁

 

 

抱けない花嫁

抱けない花嫁

 

 

 

 

 

 

 

『ACCA13区監察課』オノ・ナツメ を読んでみた 

マンガ紹介

オノ・ナツメ先生はデビュー当時から気になっていたが、世界観が独特すぎて一般受けはどうなのかな、などと勝手に心配していた(失礼;)が今回『ACCA13区監察課』がアニメ化するということで改めて読んでみた。

 

あらすじ

13区に分かれた世界にある、巨大統一組織ACCA(アッカ)。ACCA本部の監察課副課長ジーン・オータスは「もらいタバコのジーン」の異名を持つ、組織きっての食えない男。そんなジーンに起こる異変、謎の影…。世界の陰謀が、ジーンを絡め取ろうと動き出す――!! 属さず従い、あくまで洒脱に…オノ・ナツメが描く、組織に生きる男たちの“粋”様(いきざま)。

 

renta!より引用

 

感想

まず、主人公がこちら。

f:id:obatyan1:20170103220118j:plain

「もらいタバコのジーン。」

f:id:obatyan1:20170103220509j:plainf:id:obatyan1:20170103220611j:plain

タバコが高価な世界で、安月給の公務員にも関わらず贅沢品であるタバコを吸っていることからついたあだな。絶妙な中二感である。

 

そして「もらいタバコのジーン」が様々な不正を暴いたり、クーデターの首謀者に仕立て上げられたり、友人がスパイだったり、国家の陰謀に巻き込まれたり、なんやかんやで国を救うというのが大まかなストーリーだ。

 

個人的オススメシーン

ジーンの上司二人がかわいい。

f:id:obatyan1:20170103220950j:plain

グロッシュラーさん(左)とリーリウムさん(右)

犬猿の仲っぽいのになんやかんや絡む二人。大人っぽいグロッシュラーさんとリーリウムさんの食えないおっさんなんだけど童顔な感じが凸凹コンビ感を醸しだしていてほほえましい。

 

クセの強い作風のオノ・ナツメ先生だが『さらい屋五葉』などの初期作より『ACCA13区監察課』はより馴染みやすくとっつきやすくなっていると思う。

 

 

ジーンはもちろん、グロッシュラーさんやリーリウムさん、ジーンの友人のジャーナリストなど、腹に一物も二物も溜め込んでそうなおっさんたちを堪能できる話である。

 

永田カビ『一人交換日記』が赤裸々だが前向きではらはらする。

マンガ紹介

永田カビさんは『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』のころからとっても気になっていて、『一人交換日記』もピクシブでリアルタイムに読んでいた。

今回はがっつりネタバレしていますので注意。

 

大雑把なあらすじ

彼女はうつや摂食障害などを抱えるいわゆるメンヘラと呼ばれるような人だ。そんな彼女が「自分は何を求めているのか?」「どのように生きていきたいのか?」をもがきつつ模索してゆくのが『一人交換日記』だ。

f:id:obatyan1:20161207183959j:plain

 

『一人交換日記』がすごい理由

『母がしんどい』などの毒親から脱却する話、『ツレがうつになりまして』などのうつの話はたくさんある。だけどもし私がメンヘラ系のマンガを一冊だけ進めるなら『一人交換日記』を推す。

 

ダメな人というのはそこかしこにいる。だけどその中で永田カビが特筆すべき点は、絶対に自分を偽らないところであると思う。

 

永田カビは『普通』のルートを選ばない。あるいは選べない。

 

彼女は「愛し愛されたい」と思ってレズビアン風俗に行く。

だって普通さ、そこは男性と恋愛したいし結婚や子育てしたい、って思うじゃん。マジョリティなら。だけど彼女は世間体やら経済的保障やらといった雑味を一切排除し「愛し愛されたい」という欲望のみを見据える。

 

あー、もう!

そういうのはテキトーにごまかして、欲望と愛情を混同したまま生きてけば楽なんだよ!

 

ちなみに、「欲望と愛情を混同したまま生きていく」という名言が読めるのはこちらのシリーズ。

 

結婚して出産でもしてフツーに主婦でもやれば、そこそこのやりがいや経済的安定でもって寂しさをごまかすことができる。だけど彼女はそれを求めない。

『一人交換日記』で永田カビは親元を離れ自立しようとする。そして親を見捨てる罪悪感に葛藤する様子が克明に描かれている。

 

f:id:obatyan1:20161207182714j:plain

この一コマの重み、分かる人には分かると思う。

加藤諦三共依存について書き始めたのは親元を離れて十年近く経ってからだった。毒親マンガの走り『母がしんどい』だって親元を離れて結婚して子育てした後に描かれた。それくらい、毒親を自覚することは難しい。

だが彼女はそれを毒親と癒着している真っ只中で自覚し、渦中にいながら変化のプロセスまで記述してのけた。

 

f:id:obatyan1:20161207183620j:plain

ああもう!そういう正しいことに!気づいちゃうからしんどくなるんだよーーー!

テキトーにごまかして依存して生きていけばラクだし、せめて弱ってるときくらいごまかすってことを覚えようよ!

だけど永田カビは孤独も欺瞞もごまかさない。ごまかせない。

 

自分も他人も甘やかさず、他人を許し、自分の行動に責任を持ち生きていく、なんて表現すればカッコイイかもしれないけど、それはとてもしんどくて大概の人は挫折する。挫折するからこそフツーの幸せを手に入れることができるわけで、ごまかしながら生きていくのは悪い人生じゃない。

欲望と愛情を混同して生きている汚れた大人である私は、どんなに傷ついても冷徹な目線を手放せない永田カビの生き様に、心からの敬意を表したい。

 

 

 

ここからは超ネタバレ。

『一人交換日記』の終盤で永田カビに彼女ができる。

f:id:obatyan1:20161207184516j:plain

 

やったー!ついに愛し愛されることができたね!おめでとう!!

なのに。

なのに永田カビはそこで終わない。

f:id:obatyan1:20161207184929j:plain

 

そこ、気づいちゃあかんとこ。

 

人間なんて自分のことしか考えてないのがデフォで、誰かを好きになるのだって多かれ少なかれ見返りがあるからだし、それで別にいいじゃん。そこをさぁ、どうして気づいちゃうかな。この人ドロドロした地球生活に向いてないよ。神様の国とかの人なんだと思う。

 

『一人交換日記』は12月12日に紙書籍で発売される予定で、そちらには恋愛の顛末も載るらしい。どうなるのかひやひやである。幸せになってほしいなぁ。

 

 

 

あと、寂しさが極限まで達すると骨の髄まで寒い、っていうのがすごくわかる。ほんと理屈じゃなく歯がカチカチ言うくらい寒くなるよね。あれどういう仕組みなんかな。

f:id:obatyan1:20161207182241j:plain

 

 

 

 

 

さいとうちほ 『とりかえ・ばや』が今だけ3巻無料! 夢とロマンを求める大人女子におすすめ。

マンガ紹介

小学館の少女マンガ雑誌、フラワーズに掲載中の『とりかえ・ばや』が3巻も無料で読めるそうです。太っ腹!

 

おばちゃんの心はいつでも少女()なので、フラワーズは創刊号からずっと買っています。フラワーズが創刊される前は別冊少女コミックをはじめいくつかの雑誌に分散されてしまっていた、読みたい大御所マンガが一冊にまとまって喜んだのを覚えてます。

 

でもって、さいとうちほ著『とりかえ・ばや』ももちろん初連載から読んでますよー!

さいとうちほ先生って少女革命ウテナを書いた人なんですね。ウテナも好きです。

 

 renntaさんで見るならこちら

あらすじ

 男らしい姫君と女らしい若君それならいっそとりかえてしまいませう―――ベテランのさいとうちほが、新たな衝撃作をスタート!“男女逆転ドラマ”の原型である古典「とりかへばや物語」を大胆にアレンジ。男として生きる女君・沙羅双樹と、女として生きる男君・睡蓮の禁断の運命は―――!?

rennta内容紹介より。

 とりかえばやを題材にしたマンガといえば山内直美「ザ・ちぇんじ!」がありますが、あちらが明るいノリなのに対して「とりかえ・ばや」は登場人物の苦悩や喜びを丁寧に描く雰囲気です。絵柄とあいまってとてもきれいですね。

 

登場人物

主人公 沙羅双樹(さらそうじゅ)

男装して男として生きる女性。双子の弟がいる。双子の弟がいる。

女だというのは両親と弟しか知らない。

f:id:obatyan1:20161205201013j:plain

 

双子の弟 睡蓮

弟だけど大人しく臆病な性格で女性として生きている。

 

f:id:obatyan1:20161205201009j:plain

沙羅双樹の友人 石蕗(つわぶき)

イケメン。決めるときはびしっと決める。

沙羅双樹が女だとしらず恋に落ち「男に恋してしまった」と悩んだりもするが個人的には男に恋してもらっても全然OKだと思う。

f:id:obatyan1:20161205201021j:plain

感想

沙羅双樹が天然かわいい。

f:id:obatyan1:20161205203901j:plain

このきれいな絵柄の男装子がこんなに天然なわけがない(混乱中)

1、2巻はティーンの沙羅双樹が宮廷に慣れるまでなので、とにかくかわいい。

 

心理描写

f:id:obatyan1:20161205204213j:plain

 トランスの話では「ぼくらのへんたい」など苦悩や生き辛さなど重苦しいテーマが多い。そういうのもとっても大事、だけど、「とりかえ・ばや」はそこで終わらせない。

obatyan1.hatenablog.com

 

沙羅双樹と睡蓮は双子で、

明日からはきっとあなたを見るたびに本来の自分を思い出す

過去の自分をなつかしく 愛しく思う

 

f:id:obatyan1:20161205204729j:plain

なのだ。自分の本来の性を否定したり抑圧するのではなく、双子の片割れという形で尊重している。でも沙羅双樹と睡蓮は決して恋愛感情は持たない。作中で話をするシーンすら少なく、お互いの人生に精一杯で相手の存在を忘れているかのように見える場面すらある。こんな↑関係であるにも関わらず。

 

絶妙な不親切仕様

とりかえ・ばや」はトランスジェンダーの話であり、女性の働き方の問題であり、妊娠出産を誰がになうかという問題であり、美麗平安絵巻なのにとても現代的だ。「ザ・ちぇんじ!」のようなドタバタコメディ路線に行くのでなければ、深刻な心理描写や自分語りが続いてもおかしくない。

 

だが、さいとうちほ先生は随所で登場人物の迷いや思索を丁寧に描写しているにもかかわらず、決定的な心理描写をしないのだ。

 

古典のとりかえばやと同じく「とりかえ・ばや」でも沙羅双樹と睡蓮は本来の性に戻ることを決意する。

男として育った姫君・沙羅と女として育った若君・睡蓮は、生まれながらの性で生きて行く決意をするが――!?ついに帝の尚侍(ないしのかみ)として出仕することとなった沙羅は、近い距離に戸惑いずつ、少しずつ帝との絆を深めてゆく。しかし次の東宮候補として弓弦王を担ぎ出す一派が現れ…!? 

だがどうしてそう決意したか、周りの状況にどううまく対応するかというストーリーに紛れて、性違和を抱えたまま本来の性に戻ることに対しての心理はあまり描写されない。なのに圧倒的説得感がある。「とりかえ・ばや」は現在もフラワーズで連載中で、雑誌のほうは今ちょうど沙羅双樹がピンチだったり女性東宮と百合っぽい空気を出していたりする。そのストーリー展開の中で、性違和を抱えたまま体の性別に沿って生きることの苦悩はメインではなくアクセントでありスパイスだ。

 

 

 

 renntaで見るならこちら。

 

 amazonならこちらからどうぞー

 

これまでのジェンダーを扱った作品はジェンダーを前面に押し出しているものが多かった。だが実際のセクマイの生活はジェンダーで塗りつぶされているわけではない。我々は四六時中セックスのことばかり考えているわけではなく、セクシャリティは大切ではあるが全体の一部分にすぎない。

とりかえ・ばや」は沙羅双樹と睡蓮のかわいらしさや美しさ、人間的成長や選択などすべてをひっくるめて魅力的でそこにセクシャルマイノリティという一要素が加わり石蕗や東宮との恋模様もあり、またきらびやかな調度や衣装があり、盛りだくさんかつ少女魂を刺激する話だ。

 

 

 

超絶初心者でも3日でできる!MMD入門 0・MMDってどうやって作るの?編

MMMで躍らせてみよう

youtubeニコニコ動画で推しキャラが踊っている動画を見たことはないでしょうか。

こういうやつです。

こういうの↓を自分で作ってみたい!と思っている人が、さくっとこういうの↓の動画を作ってupできるようになるための解説をしていきたいと思います。

 

 

用意するもの

windowsのパソコン

用意するものはパソコンのみです。普通に使える程度のパソコンがあればだいたいOK。MMDは高度な処理なので、スマホやしょぼいPCだと使えません。

レベル別の目標

レベル1(所要時間30分)

MMDのモデルや背景はたくさんのフリー素材が配布されています。これらの誰かが作ってくれた素材を利用すれば、ソフトと素材をダウンロードすればすぐに「踊ってみた」動画が作れてしまいます。これだけでも十分楽しく遊べますよ!

今回の超絶初心者でも3日でできる!MMD入門ではこのレベル1から懇切丁寧に解説していきます。

レベル2(所要時間1時間半~)

レベル1はお借りしたフリー素材を組み合わせただけでした。もう少しオリジナリティがほしい場合には、モデルはお借りしてダンスの振り付けは自分で行うこともできます。レベル1に比べて少し大変ですが、簡単な動きならすぐにできます。youtubeやニコ動で見れる動画のほとんどはレベル2の操作で作られています。

今回の超絶初心者でも3日でできる!MMD入門ではレベル2の基礎くらいまで解説しようと思っています。

レベルMAX(所要時間たくさん)

モデルもモーションも背景も全て自作!となると、もう職人レベルですね・・・

ですが出来なくはないし、簡単なモデルなら案外普通にできます。

また、既存のモデルの微調整なども可能です。