読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばちゃんのマンガレビュー 

おばちゃんがライフハックや日常を書きます

六本木綾『一生遊んで暮らしたい』をおばちゃん目線で読んでみた結果

マンガ紹介

子供のころ、お姉さんたちの読むキラキラしたマンガの棚にあった憧れの本だった『一生遊んで暮らしたい』(六本木綾・著)をいまさらながら読んでみた。

 

一生遊んで暮らしたい 1

一生遊んで暮らしたい 1

 

ざっくりしたあらすじ

放課後に命をかけるOL教師・立川瑞穂と、彼女をバスケ部の顧問に迎えるべく恋愛ゲームに興じるバスケットボーイズのスクールLOVEウォーズ登場!!  (レンタより引用)

 男子バスケ部の顧問になった美人教師・立川瑞穂が主人公。瑞穂が年頃の男の子に振り回されたりからかわれたり、大人の余裕でかわしたりします。

おばちゃん的感想

まずね、題名がね。

一生遊んで暮らしたい

f:id:obatyan1:20151209212832j:plain

一生遊んで暮らしたい

一生遊んで(以下略

なんという魅力的な響き。

 こりゃ読むしかないでしょう。

気になる内容は、女教師・瑞穂が不良に絡まれているところをイケメン高校生・鳥居君が助けるところから始まります。

f:id:obatyan1:20151209213017j:plain

f:id:obatyan1:20151209213101j:plain

※↑高校生。

あーー、あったわぁ、こういうシチュエーションにあこがれたオトメだったころ。思い出してちょっときゅんきゅんしちゃった。

その後、瑞穂に強引についてくる鳥居。

f:id:obatyan1:20151209213254j:plain

↑おい高校生

いいんか。教師それでいいんか。謹慎とかそういうレベルで済む問題なんか。

そんなソワソワ展開の後、鳥居は瑞穂にキスする。少女マンガだねぇ。

f:id:obatyan1:20151209213616j:plain

いや子供だろうと。

f:id:obatyan1:20151209213625j:plain

瑞穂が年上の余裕をみせた!

背伸びする高校生、かわいいなぁ。それを愛でる新卒教師もかわいいなぁ。

この、少女の夢を詰め込んだ感が懐かしい。

さて、その後瑞穂がバスケの腕を披露したり、女子バスケ時代を思い出したりとさわやかエピソードが続き、お待ちかね恋愛パートです。

高校生男子×美人教師のドキドキラブ

スポーツ万能で自由奔放な美人教師・瑞穂を恋に落としてひとあわふかせてやろう、ということで男子バスケ部が立ち上がる!

男子高校生が一回りも年上の女なんか落とせるわけないだろ、とか、そもそも恋に落ちる=負けって発想がすごくガキくさいとかそういうのはまぁ少女マンガだから、ね。

f:id:obatyan1:20151209214615j:plain

すげぇ!少女マンガオーラ全開のキラキラ笑顔!

そして繰り出される数々の作戦。

作戦その3 子供っぽい行動で母性本能をくすぐる

f:id:obatyan1:20151209214942j:plain

子供にやられてもねぇ。

作戦その4 無視して気を惹かせる

f:id:obatyan1:20151209215055j:plain

それはさすがに10年早いんじゃないか。

 

最終的に、瑞穂が過去につきあった男を調べて性格を分析。

f:id:obatyan1:20151209215354j:plain

女心が分かってないなぁ。

似てるから好きになるんじゃないんだよ。恋は直感と勢いだよ!

 

でもまぁ、一生懸命見当違いなところでがんばる子供たちを眺めているのはなかなかほほえましい気もしなくもない。

 

高校生のころの男子ってこれくらいおバカさんだったよなと懐かしい気持ちになれるマンガでした。

男子高校生たちの見事に的外れな駆け引きの数々は、少女マンガ界のイケメンだから許されてるけど、現実社会では一歩間違えば犯罪だけどな!

 

一生遊んで暮らしたい 1

一生遊んで暮らしたい 1