おばちゃんのつれづれ 主にマンガとweb

おばちゃんがライフハックや日常を書きます

みちのくアタミ『腐男子高校生活』が前時代すぎてイラつく

ええ、腐に性別は関係ありませんよ。男子であろうと女子であろうと腐ワールドでは等しく同士ですとも。だけどね、腐妄想にかこつけて他人を否定するのはいいかげんやめてほしい。

というわけで、非常にミソジニーホモフォビアなシロモノだったこちら。

 おばちゃんがっかりだよ!

 LGBTがリアルに身近な人には全くおすすめできない。

 

主人公の腐男子高校生・坂口は男同士の絡む創作が大好きなくせに、自分自身は典型的な異性愛者。ていうか、同性愛ヘイト。

f:id:obatyan1:20151214190557j:plain

坂口が同性愛表現を好む異性愛者であること自体は別にどうでもいい。人は同性を愛するのと同じように異性を愛する権利だってある。

だけど坂口は徹底的に同性愛を貶める。『腐男子高校生活』という題名のくせに、腐男子の生活そっちのけでLGBTヘイトスピーチを永遠と読まされる苦行。『ホモ嫌いによるホモいじめ生活』という題名に変えたほうがいい。

f:id:obatyan1:20151214190756j:plain

女言葉でオシャレに気を使えば女ってどんだけ発想貧困なの。

f:id:obatyan1:20151214191350j:plain

BL好きなくせに、ホモをディスる

f:id:obatyan1:20151214191518j:plain

自分がホモに思われるのは顔が変形するくらい嫌。

f:id:obatyan1:20151214191123j:plain

ことに受け(女性役)に見られるなんて許せない。

f:id:obatyan1:20151214191721j:plain

自分も腐男子を自称してるくせに、腐男子を見下してる。

 

優越感を味わうための欲望装置

腐男子であることはいい。異性愛者であることもかまわない。

腐女子腐男子を嫌うのも個人の自由だし、同性愛者を嫌うのも自由だ。

 

だけど、男同士の恋愛を妄想して消費するくせに、自分が妄想の餌食になることは考えもしない坂口は、同性愛を萌えとして消費すると同時に、同性愛を見下している。いっそ同性愛ヘイトを堂々とさけぶほうがよほど誠実。

 

犯したいけど、犯されるのは真っ平という貧困な発想

坂口の卑怯な態度は腐男子という珍しい表現をされているから分かりにくいかもしれない。だったら彼の萌えの対象が女性だったらと考えてみたらどうだろう?

 

「女を見るとセックスしたくてたまらない。通りすがりの女を見て常にどう犯すか妄想している。だけど、自分が女役にされるのは絶対嫌。」

自分がやられて嫌なことはほかの人にもしちゃいけません、って小学校で習わなかった?最低限の礼儀だよ?

 

私が嫌なのは、坂口が男同士をくっつける妄想をしているからではない。

同性愛=汚くて屈辱的

と思っていて、自分が同性愛者だと思われることは徹底的に拒否するくせに、『汚くて屈辱的』なことを他人に平気で強要する無神経さだ。

 

自分にとって不都合なことを他人に投影して見下して楽しむ、そんな表現が娯楽として許容されてしまうことを憂いている。