読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばちゃんのマンガレビュー 

おばちゃんがライフハックや日常を書きます

穂積著 『さよならソルシエ』と、世界の美しさを絵にする才能について

マンガ紹介

穂積先生の出世作の『さよならソルシエ』は、ひまわりや糸杉の絵で超有名なゴッホとその弟の話で、印象派好きなおばちゃんはフラワーズ連載当初から読んでた。印象的な絵とストーリーのなかなか硬派なマンガだ。

 

史実に基づいたドキュメントではなく史実を元にした物語なので歴史好きにとってはあまり響かないかもしれない。でもまぁ司馬遼太郎だって池波正太郎だって捏造上等で歴史小説を書いているんだからおばちゃん的にはそこんとこはあんまり気にしない。

 

f:id:obatyan1:20170209212710j:plain

歴史上正しいかどうかはともかく、私がはじめて美術館でゴッホの絵を見たときに感じた何か、印象派やポスト印象派の絵画に込められた思想、筆が思想を牽引した時代、そんなものの存在を物語として形づくっているのが『さよならソルシエ』だと思う。

 

 

 

おもな登場人物

いわずと知れた有名画家のゴッホ

f:id:obatyan1:20170209210404j:plain

もっさい。ダサい。カッコ悪い。絵ばっか描いてる。

 

 

そしてその弟のテオドール。

f:id:obatyan1:20170209210359j:plain

有能な画商。イケメンで頭よくてかっこよくて金持ちで策士。

 

おおまかなあらすじ

ゴッホの弟はお兄ちゃんのことが大好き。

とってもだいすき。

以上!

 

才能を愛するということ

 お兄ちゃんのこと大好きすぎな弟、という、ジャンルとしては『宇宙兄弟』に近い話になっている。ダメなお兄ちゃんと有能な弟という構図も一緒だ。

 

 ゴッホは今でこそ超有名画家だけど、ゴッホが生きている間には全く無名だった。印象派の絵も今でこそ古典として確立されているが、宮廷絵画が最盛期の当時ではゲテモノ扱いだった。

つまり『さよならソルシエ』でのゴッホは、仕事もせずにゲテモノな絵ばっか描いて弟の仕送りで暮らしてるもっさいニートである。

 

でもその絵は人を惹き付けてやまないのだ。

 

ぶっちゃけおばちゃんは絵画の歴史なんてなーんにも知らない。それでも印象派以降の画家のすごさと言うか、「オレはこれが描きたいんじゃあぁぁぁ!」というパッションみたいなものはなんとなく分かる。

f:id:obatyan1:20170209212710j:plain

ひまわりキレイなんじゃぁぁぁぁ

 

 

f:id:obatyan1:20170209215706j:plain

糸杉カッコイイんじゃぁぁぁぁ

 

みたいなパッションが伝わってくる。

 写真や液晶だとそうでもないんだけど実物を見ると超伝わってくる。

 

ちなみに、私のお気に入りはこちら。

安井曾太郎 「孫」

f:id:obatyan1:20170209220109j:plain

これも液晶だと全然伝わらないんだけど、現物みたときのね、孫っぽさがすごいの。孫が溺愛されてる感がすごい。孫の退屈してる感もかわいい。イスが大きすぎて足がぷらぷらしてる感とか、腕のぷにぷに感とか、ワンピースの裾の乱れ具合とか、子供座らせとくとこうなるよね、というあるある感もよく出てる。

 

そしてさらに

福田美蘭 「安井曾太郎と孫」

f:id:obatyan1:20170209220340j:plain

 孫なう。

孫にいいとこみせようとがんばってるおじいちゃんの表情が

( ・`ー・´) + キリッ

て感じなところがもうww

 

 

とまぁすごい話がそれたけど、「オレはコレが描きたいんじゃぁぁぁぁ」という、世界に対する深い愛みたいなものをキャンバスの上に出現させるという稀有な才能を持った兄と、兄の才能を愛した弟の話が『さよならソルシエ』だ。

 

 

1巻ではゴッホゴッホの弟のエピソードが綴られるが、それは史実とはかなり違う展開をする。ゴッホ就職しないし、病んでないし、ゴーギャンと普通に仲良しだし、耳切ったりしないし。2巻では史実にあるような狂気の画家ゴッホのイメージは一体どのように作られたのかが語られる。

それはよしながふみの大奥とか、ダン・ブラウンのダビンチコードのようなトンデモな設定なんだけど、これだけ愛されたゴッホならこんな展開になるかな、と、少なくとも私は納得してしまった。

 

 

 

 

ゴッホの「神から与えられた才能」を愛する弟と、弟の有能さを愛するゴッホの、ゴッホ→←弟 みたいな両片思いみたいな読み方をしてもいいのかもしれない。