読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばちゃんのつれづれ 主にマンガとweb

おばちゃんがライフハックや日常を書きます

「3月のライオン」がいろいろつらすぎて読めない

映画化もされて話題の 羽海野チカ3月のライオン」読もうと思ったんだけどつらすぎて一巻で挫折。

 

いや、いい話なんだよ。すごく。

大雑把なあらすじ

17歳のプロ棋士である桐山零がいろんな人と将棋したり出合ったり分かれたり勝ったり負けたりしながら成長する話。

ハチミツとクローバー」の羽海野チカ先生だから絵もかわいくて読みやすい。

 

 だがこの零くんは両親と妹を事故でなくしていたり、引き取られた家でもうまくなじめない事情があったり、とにかく話が重い。登場人物全員優しくていい人で、真剣に人生に向き合っていて、すごく感動巨編なんだけど、なまじ人間ドラマの名手が描くからとにかく重い。

 

両親と妹を事故で亡くした霧島零はプロ棋士の家に引き取られることになる。

f:id:obatyan1:20170430152417j:plain

うわぁぁぁぁぁ、つらい。

その当時から将棋の才覚を表していた零と、プロ棋士の実子だけど将棋の才能はイマイチな子たちの確執。継母にいじめられるシンデレラのようだ。だが零にきつくあたる子も悪い子ではなくて、ただ父親に振り向いて欲しいだけ。

f:id:obatyan1:20170430152832j:plain

わぁぁぁぁん!

これ、子供目線だと将棋に夢中で家庭を顧みない悪い父親だという捉え方もできるけど、たぶんそうじゃないんだろなと思う。お父さんはお父さんなりにできることを精一杯やったのだろうし、将棋に関しては厳しかったかもしれないけど将棋なんて関係ない部分で子供たち全員を愛してたんだと思うの。だからこそつらい。

 

そんで極めつけは、3月のライオン一巻の冒頭にある。

養子に入ったのに実子を差し置いて将棋の才能を開花させた零は養父との対戦に勝つ。

f:id:obatyan1:20170430153256j:plain

f:id:obatyan1:20170430153328j:plain

 ぎゃぁぁぁぁぁ!!

無理。ほんと無理。すごいつらい。読めない。

 

なんか、悲劇的な事柄とかは日常の中でも普通に起こるし仕方のないことだと思うんだけど、この話の登場人物たちの悲劇との向き合い方があまりにも不器用すぎてみてらんない。

 つらいなら泣いてよ。泣き叫んで大騒ぎして周りを巻き込んでワガママ言ってよ頼むから。でも「3月のライオン」に出てくる人達はみんな悲しみをこらえて自分のやるべきことを見据え前に進んでいく。えらい。えらいけどさぁ。見てる側としてはハラハラしすぎてストレスになる。

 

両親を無くして、引き取られた家でも馴染めなくて、高校生でプロ棋士という特殊な環境のせいで友達もいなくて、桐嶋零には頼れる大人や何でも話せる友人や将来目指すロールモデルたりえる人も何もかもいない。表向きは天才少年としてちやほやされていても内面はとてつもなく孤独で、もぉおばちゃんつらくて読んでらんない。

でもすごくいい話だと思います。つらいけど。